出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

12月3日日曜日 中京7レース2294万馬券 検証

またまた、ズボラをしてしまいました。


中京はチャンピオンズカップでしたが、こちらの方を検証したいと思います。


1着 15番 ディスカバー

①14番に仲間の馬で接触している。ズカ

②14番の馬名の語尾の音引きが共通項で接触している。

③16番のマル地マークが共通項で接触している。

④16番に唯一の▲マーク。

⑤14番、16番の騎手名の山が共通項で15番をガードしている。

⑥14番の馬名のュー、2番の騎手名のューが共通項。5の法則。


2着 14番 スズカフューラー

①15番に仲間の馬で接触している。スカ

②15番の馬名の語尾の音引きが共通項で接触している。

③13番、15番の⭐️マークが共通項で14番をガードしている。

④3番に仲間の馬。ズカ

⑤7番に仲間の馬。スカ


3着 11番 メイショウナンプウ

①12番の騎手名が唯一の2文字。

②自身の騎手がこの日のポイント騎手。

③10番のマル地マークが共通項で接触している。

④10番の騎手名のヨシ、自身の馬名のショが共通項。仲間の変則形で接触している。

⑤12番の馬名の頭文字のウ、自身の馬名の語尾のウが共通項で接触している。対角線のポイント。

⑥9番の馬名のーコ、13番の馬名のコーが共通項で11番をガードしている。


検証してみましたら3頭とも特に難解というわけではありませんでした。なかんずく、15番は草島式で出馬表を見た場合の基本ポイントに囲まれていました。キレイな形に思います。かと言って中心に取るにはかなり勇気がいると思いますが、この様な馬券を取るには必要な勇気なのでしょう。たしか3票?あったと発表されていましたがもしかしたら?草島式の方なのかも?と思いました。この検証を出馬表のご研究に役立てていただけたら幸甚です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。