出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

菊花賞 検証

菊花賞の検証をしてみます。


なかなか、難解な出馬表でした。


草島式のベーシックな知識力が勝敗の決め手になったようでした。


1着 13番 キセキ

①自身の馬名が唯一の3文字。

②14番に唯一の芦毛。

③12番の馬名のロー、自身の騎手名のーロが共通項。仲間の変則形で接触している。

④12番の馬名の頭文字ミ、自身の騎手名の頭文字ミが共通項で接触している。

⑤12番の騎手名の語尾ロ、自身の騎手名の語尾ロが共通項で接触している。


③、④、⑤のポイントは草島式のベーシックなところがズバリでした。


2着 4番 クリンチャー

①1番に仲間の馬。ャー

②5番の馬名の語尾の音引、自身の馬名の語尾の音引が共通項で接触している。

③9番に仲間の馬。クリ

④3番の馬名の頭文字ス、7番の馬名の語尾ズが共通項。5の法則。


①のポイントが決め手になったようです。私はャーの仲間の馬で1番と4番を迷い1番にして3連単は不的中になってしまいました。1番か4番が馬券にからむとは思いましたが13番、14番を取り上げていただけに残念はひとしおです。少し見方が甘かったようです。反省になります。


3着 14番 ポポカテペトル

①13番の馬名が唯一の3文字。

②15番の騎手名が唯一の2文字。

③17番の馬名の頭文字プが半濁音で共通項。

④11番の馬名の語尾ル、自身の馬名の語尾ルが共通項。


以上になります。1番の読み間違えがこたえた、菊花賞になってしまいました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。