出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

10月22日日曜日新潟12レース120万馬券 検証

先週日曜日の第3場、新潟最終12レースを検証してみます。


3連単、高配当の120万馬券でした。

日曜日は大井競馬の的場騎手が来ているイベントもあり、後楽園の黄色いビルの6階にいたのですが、菊花賞のすぐ後でしたので、あまりトライされている方はいないようでした。かく言う私も、準備は研究を主体にしたものでしたし、トライする予定ではありませんでした。


1着 5番 ブロワ

①自身の馬名が唯一の3文字。

②6番に唯一のマル外、マル地のダブルマーク。

③4番、6番の騎手名の鮫島が共通項で5番をガードしている。

④9番の馬名の語尾ブ、自身の馬名の頭文字ブが共通項。対角線のポイント。


今開催は、③のようなガードのポイントの使用が人気薄馬でいくつか見受けられます。今週末の開催も要注意かと思います。


2着 13番 タイキラトランジュ

①5番の馬名が唯一の3文字。その逆馬番。

②12番の騎手名の頭文字カ、自身の騎手名の頭文字カが共通項で接触している。

③11番、15番の馬名の頭文字フ、プが共通項で13番をガードしている。

④11番の騎手名の語尾キ、自身の騎手名の語尾キが共通項。


わかりやすいポイントは①、③くらいでしたし、人気薄ですので、取り上げにくい感じです。5番よりも難解に思いました。


3着 1番 シャインサンデー

①17番の馬名が唯一の5文字。隣かつ逆馬番。

②2番に仲間の騎手。ユウ

③2番の馬名の語尾の音引、自身の馬名の語尾の音引が共通項で接触している。

④2番の馬名の頭文字ビ、自身の騎手名の頭文字ヒが共通項で接触している。

⑤7番に仲間の馬。ジャ

⑥16番に仲間の騎手。ユウ

⑦3番に仲間の騎手。ユウ


人気薄の中では、一番わかりやすい感じでした。十分に取り上げることができるポイントがありました。


準備では、1番、5番は取り上げることが出来ましたが、13番が抜けていました。高配当の結果の時は得てして難解な馬が必ず一頭います。13番の根拠の研究が大切に思います。なかなか、難解な出馬表でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。