出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

4月2日 日曜日 阪神 大阪杯 検証

日曜日の大阪杯の検証です。


この日のポイント騎手は、前日からわかっていたのは、ルメール騎手。当日わかったのは、内田博幸騎手、岩田康誠騎手でした。岩田騎手は途中からでした。


阪神11レース 大阪杯


1着 5番 キタサンブラック

①6番に唯一のマル地マーク。

②6番に仲間の馬で接触している。ンプ、ンブの濁音と半濁音の接触で強いポイントになります。

③6番、7番の馬名の頭文字 サが共通項で接触していて、5番をブロック。

④4番、3番の馬名の頭文字、語尾のスが共通項で接触していて、5番をブロック。

⑤2番、6番の馬名のアンが共通項。5の法則

⑥2番、8番の馬名のアンが共通項。

⑦4番の騎手名の頭文字、語尾のカ、ガ 、自身の騎手名の語尾 カ が共通項で接触している。


ハッキリしていて、ポイントは完璧でした。あまりにわかりやすい時は3着の場合もあるのですが、しっかり、1着でした。


2着 4番 ステファノス

①3番に仲間の馬で接触している。スス

②5番の騎手名が唯一の2文字。

③5番の騎手名の語尾 カ、自身の騎手名の頭文字、語尾のカ、ガ が共通項で接触している。

④2番に仲間の騎手。ワタ

⑤1番に仲間の騎手。ワダ

⑥9番に仲間の馬。ファ

⑦11番の騎手名が唯一の5文字。その逆馬番。


⑦のポイントが決め手になっていると思います。


3着 13番 ヤマカツエース

①14番に仲間の馬で接触している。マカ

②12番に仲間の騎手で接触している。イチ

③12番、11番の馬名のスア、ズアが共通項で接触していて、13番をブロック。

④14番の馬名が唯一の4文字。

⑤2番の騎手がこの日のポイントの岩田騎手。その逆馬番。


⑤のポイントが決め手になったようです。


4番が2着に来ましたがあまり配当は良くなかったように思います。カタイG1は、あまり面白くはないですね。


このブログは、ぞくに草島式と言われている方式を私独自の見方での出馬表解読研究の検証を中心に書いております。私が独自に発見致しました「もう一つの出馬表」に関しては出馬表解読研究会にてのみ発信、発表させていただいておりますのでよろしくお願い致します。

出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っております「出馬表解読研究会」に参加をご希望の方は、下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。


machizo11ten@gmail.com


ご興味のある方、ご連絡をお待ちしております。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。