出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

東京11レース 武蔵野ステークス 前評

東京11レース 武蔵野ステークスの前評です。


出馬表を見て、気が付いた点を書いてみます。


第一印象と同じですので、意外に信用できるのではないかと勝手に考えています。


1番 唯一の芦毛。


3番 大野騎手は本日のポイント騎手になりました。


3番、4番 促音のャが接触。


4番、5番 4番の騎手名のヨシ、5番の馬名のショが接触。仲間の変則形の接触。加えて、仲間の騎手の接触。ヨシ


5番の馬名の頭文字メ、8番の馬名の語尾メが共通項。対角線のポイント。


6番、7番 馬名の語尾、頭文字の接触。ァ、ア


7番、8番 荻野のノ、ノンコノのノが接触。ノはけっこう使用されてますがダミーも多いので取り扱いには注意が必要です。


8番 唯一の栃栗毛。


9番、10番 馬名のサン、騎手名のサンが接触。仲間の変則形の接触。


10番 馬名の頭文字のピが唯一の半濁音。


11番、12番 仲間の馬の接触。スト。馬名のスト騎手名のトスが接触。仲間の変則形の接触。ダブルのポイント。


13番、14番 馬名の語尾のンが接触。


14番、15番 仲間の騎手の接触。ヒロ


15番、16番 馬名の頭文字のブ、騎手名の頭文字のフが接触。馬名、騎手名の頭文字どうしの接触は、とても重要なポイントに思います。


16番、1番 仲間の馬の接触。イク、クイ。加えて、馬名の頭文字、語尾の接触 ク。


こんなところです。ご参考になりますかどうか?


騸馬も2頭います。唯一のポイントにはならないのですが、注意は必要に思います。特に8番は唯一の栃栗毛と騸馬のダブルになっています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。