出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

10月15日日曜日東京12レース神奈川新聞杯 検証

先週の日曜日の東京最終12レース神奈川新聞杯の検証をしてみます。


このレースも、京都12レースと同じでゾロ目の決着でした。JRAの騎手の帽子をテーマにしたコマーシャルから何か意図的なものを感じるのは、草島式などで暗号、出馬表の研究で競馬にトライされている方なら当然ですね。


東京12レース神奈川新聞杯


1着 5番 ペイシャフェリシタ

①自身の騎手が前日からわかるこの日の東京競馬場のポイント騎手。

②2番に仲間の騎手。ヨシ

③4番、6番の馬名の語尾の音引が共通項で5番をガード。

④11番に唯一のマル外マークでその逆馬番。

⑤8番の騎手名のイシ、自身の馬名のイシが共通項。仲間の変則形。

⑥7番に仲間の騎手。ヨシ


なんか、草島式からでは、難解な感じで掴み所が見つかりにくいのですが、もう一つの出馬表からわかる、自身の騎手がポイント騎手なのが決め手になります。④のポイントが良い後押しを効かせているので、一応取り上げることはできます。多少人気がありましたので、さほど抵抗はないかと思います。


2着 6番 トーホウハニー

①9番に仲間の馬。バウ、ウハ

②9番の馬名の語尾マ、自身の騎手名の頭文字マが共通項。

③5番、9番の騎手名のヨシが共通項。5の法則。

④7番、8番の馬名のサー、ザーが共通項で接触していて、6番をブロック。

⑤5番の馬名の頭文字が唯一の半濁音。

⑥5番の騎手がこの日のポイント騎手。


草島式からは、④、⑤のポイントが良い感じです。人気薄ですが高配当ネライのヒモに取り上げるには最適な感じです。


3着 15番 ウィンドライジス

①11番に仲間の馬の変則形で接触している。ズウィ、ウィズ

②11番に唯一のマル外マーク。

③16番の馬名の語尾ス、自身の馬名の語尾ズが共通項で接触している。

④18番の馬名の頭文字ス、自身の馬名の語尾ズが共通項。対角線のポイント。

⑤12番の馬名の頭文字ヴ、自身の馬名の頭文字ウが共通項。

⑥16番、17番の騎手名のユウが共通項で接触していて、15番をブロック。


①、②、③のポイントが草島式の基本セオリーどおりになっていますので、中心に取り上げたい馬です。


3連単が意外に高配当でした。6番の人気薄が効いていたようです。

結果、馬券としては15番が3着でしたので、ながしのマルチかボックスしか的中になりにくい形でした。チョット、ヒネられた感じです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。