出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

エプソムカップ 検証

先週、日曜日の東京11レース エプソムカップの検証を致します。土曜日とうって変わって、私の検討違い、勘違いで会員の皆様に残念な思いをさせてしまいました。


東京11レース エプソムカップ


1着 12番 ダッシングブレイズ

①11番の馬名が唯一の4文字。

②10番に仲間の馬。ブレ

③13番、9番の馬名のクラリティが共通項。5の法則。

④11番、15番の馬名のルー、ールが共通項。5の法則。


2着 10番 アストラエンブレム

①11番の馬名が唯一の4文字。

②12番に仲間の馬。ブレ

③9番、13番の馬名のクラリティが共通項。5の法則。

④11番、7番の騎手名の大の漢字が共通項。5の法則。


3着 7番 マイネルハニー

①8番の騎手名が唯一の5文字。

②8番の騎手がこの日の途中からポイント騎手。

③6番に唯一の牝馬。

④4番、10番の馬名のストが共通項。


普段、もう一つの出馬表から算出しためぼしい馬番を草島式で確認をして行くやり方を取っています。草島式単独は良いポイントがあってもダミーが多い場合がありまして、もう一つの出馬表から算出した馬番と合わせて、シックリ行った場合をテーブルに取り上げる基本にしております。今回は、12番、10番、7番どれも、算出に登場しませんでした。もう一つの出馬表からの算出がたぶんわたしのまったくの検討違い、勘違いでの算出だったのでしょう。反省になります。草島式単独からの見方では、良いポイントが見られました。重要な点は11番の馬名の唯一の4文字のポイントの扱いになります。11番を挟んで12番と10番があります。加えて12番と10番は仲間の馬どうしでもありました。人気ですが10番を信用して中心に取れるようでしたら、10番から見てポイントの位置にある7番か浮上します。そして、7番と12番はお互いに対称の馬番になっています。草島式単独からの一つの見方になります。


次開催の出馬表解読研究会員募集のお知らせです。

今週、6月14日水曜日まで次開催(6月17日〜7月9日)東京、阪神、福島、中京、函館開催の出馬表解読研究会員をメールにて募集受付致します。今回は、JRAの開催またぎになる変則した形になります。

もう一つの出馬表及び草島式による出馬表解読研究になります。草島式などで出馬表による解読研究を既に実行されている方、もう一歩踏み込みたい方、現状の競馬のやり方、考え方を変えてみたい方、出馬表解読による競馬にご興味のある方、お待ち致しております。

machizo11ten@gmail.com


by machizo

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。