出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

オークス 検証

日曜日のオークスの検証です。


1着 2番 ソウルスターリング

①1番にポイント騎手。

②1番の馬場入れが最後。

③3番が馬場先入れ。

④14番に仲間の馬。ソウルスターリングは、リスグラシューが仲間の馬です。将来的にセットで出馬した場合はどちらかまたは両方が馬券になる事が多々あるように思います。


2着 1番 モズカッチャン

①前レースの10レースの1番に同じ和田竜二騎手でこの日のポイント騎手。

②1番自身にこの日のポイント騎手の和田竜二騎手。

③17番の騎手名の勝、自身の馬名のカツが共通項。仲間の変則形。

④15番に仲間の馬。カツ


①のポイントが決め手のようです。


3着 16番 アドマイヤミヤビ

①15番の馬名のカツ、17番の騎手名の勝が共通項で16番をガード。

②17番に仲間の馬で接触している。ビア

③15番の騎手名の語尾ロ、自身の騎手名の語尾ロが共通項で接触している。

④18番の馬名のロー、自身の騎手名のーロが共通項。仲間の変則形。


①、②のポイントで決めました。


フジテレビで観戦していて、3着はてっきり7番ディアドラだと思いました。7番ディアドラは買目に入れていなかったし、多少のポイントは見られましたのであきらめていたのですが、フジテレビの映像は角度が多少違っていたのか16番が3着になっていてくれて助かりました。勝、カツのポイントは強いようです。

オークスは、よい結果になりました。私の中心は、1番モズカッチャンでした。ポイント騎手と馬場入れと勝、カツのポイントが出馬表の中心に感じたオークスでした。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っています「出馬表解読研究会」の会員を募集しております。ご興味のある方、参加をご希望の方は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。

machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。