出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

有馬記念 前評

有馬記念の出馬表を見ました。


人気のキタサンブラックの仲間の馬であるカレンミロティックが絶好の位置にいます。


ダミーでなければ、たぶん世間様が期待したとおりの結果になるでしょう。


キタサンブラック以外の馬は、なかなかの難しい配置になっていて、何が来てもおかしくない状況にあるように見えます。カレンミロティックがダミーであることを祈りながら、キタサンブラック以外は人気薄馬が突っ込んでくるのを期待したい有馬記念になります。


有馬記念程のG1レースはダミーの出現が多く見られるので、判断が難しいです。ほとんどの馬に何がしかのポイントがあり、何が来ても言い訳がつくような出馬表に仕上がっているように思います。


7番の馬名が唯一の5文字


9番に唯一のマル地マーク


13番の騎手名が唯一の3文字


が、目立つところですがワザと目立つようにしているようにも思えます。


毎年ですが、ダービーよりも有馬記念の出馬表の方が難解です。


今年はまだ、1日競馬がありますので、あまり無理をしないほうが良いかもしれません。


まあ、草島式はオッズや人気を無視して馬券を買うのがセオリーですので、人気一本被りの時はトライしてみたくなるのも人情ですよね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。