出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

南関 大井競馬 ジャパンダートダービー 検証

南関 大井競馬 ジャパンダートダービーの検証です。


1着 4番 ヒガシウィルウイン

①3番が馬場先入れのポイント。

②5番が馬場先入れのポイント。

③5番の騎手が唯一の金沢所属。

④7番の馬名のシゲ、自身の騎手名のシゲが共通項。仲間の変則形。

⑤3番の騎手名のジカ、自身の馬名のガシが共通項。仲間の変則形で接触している。


両隣の3番、5番の馬場先入れのポイントにガードされているのが最大の決め手になりました。


2着 8番 サンライズソア

①自身が馬場先入れのポイント。

②9番に仲間の馬で接触している。サン

③9番の馬名の語尾パが唯一の半濁音。

④9番の騎手が唯一の愛知所属。

⑤9番の騎手名の雅の漢字、自身の騎手名の雅の漢字が共通項で接触している。読み方違いの仲間の騎手。

⑥6番、7番の馬名の語尾ングが共通項で接触していて、8番をブロック。


良いポイントに囲まれていました。決め手は自身の馬場先入れのポイントでした。


3着 3番 タガノディグオ

①自身が馬場先入れのポイント。

②2番の騎手名の頭文字オ、自身の馬名の語尾オが共通項で接触している。対角線のポイント。

③4番の馬名の促音のィ、自身の馬名の促音のィが共通項で接触している。

④4番の馬名のガシ、自身の騎手名のジカが共通項。仲間の変則形で接触している。

⑤8番、12番の馬名のサンライズが共通項。

⑥8番に仲間の騎手。川


人気でもあり、回りのポイントは良かったです。これも、やはり、決め手は自身の馬場先入れのポイントです。


3番、8番は仲間の騎手どうし、馬場先入れのポイントどうしでした。


今回は、馬場先入れのポイントで支配している出馬表だったようです。中央競馬では、たまに、おもいっきりダミーの場合がありますが、おおむね、特に南関では大事にしたいポイントです。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っています「出馬表解読研究会」の会員を募集しております。ご興味のある方、参加をご希望の方は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。

machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。