出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

宝塚記念 検証

宝塚記念の検証をしてみます。


私自身は、結局参加致しませんでした。会員の皆様にもこのレースはおすすめしませんでした。

他のレースでのトライになりました。

11頭と出走頭数も少なく、キタサンブラックの1本被りのため、たとえキタサンブラックが飛んだとしても、あまり配当的妙味が得られないと判断したためです。


阪神11レース 宝塚記念


1着 11番 サトノクラウン

①10番の騎手名が唯一の2文字。

②1番の馬名のーロ、自身の騎手名のーロが共通項。仲間の変則形で接触している。

③4番に仲間の馬。クラ

④1番の馬名の頭文字ミ、自身の騎手名の頭文字ミが共通項で接触している。


2着 2番 ゴールドアクター

①10番の騎手名が唯一の2文字の逆馬番。

②3番の騎手名が唯一の姓が1文字の3文字。

③11番、4番の馬名のクラが共通項。

④1番の馬名の頭文字ミ、3番の騎手名の頭文字ミが共通項で2番をガード。

⑤4番に仲間の騎手。山

⑥9番に仲間の馬。ター

⑦6番の騎手名のール、自身の馬名のールが共通項。仲間の変則形。


3着 8番 ミッキークイーン

①隣、7番が馬場先入れ。

②9番に唯一のブリンカー。

③1番に仲間の馬。ミッキー

④3番に仲間の馬。ツミ

⑤7番の馬名の語尾ン、自身の馬名の語尾ンが共通項で接触している。

⑥7番、9番の騎手名のワタ、ワダが共通項で8番をガード。


2番は、中心にしても良いと思いましたが、他は難解でした。どれも、「帯に短かしタスキに長し」のような感じでした。たぶん、参加していたら不的中だったでしょう。10番が飛んだ原因を多少探ってみましたがなかなか見つかりませんで、

強いて言えば、10番を明示するための適当なポイントが逆馬番の2番に見当たらないことでした。もう少し時間を使って研究してみます。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っています「出馬表解読研究会」の会員を募集しております。ご興味のある方、参加をご希望の方は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。

machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。