出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

安田記念 検証

安田記念を検証させていただきます。


13番ロジチャリスが唯一の馬場先入れでした。


1着 14番 サトノアラジン

①隣13番が唯一の馬場先入れ。

②11番、17番の騎手名の松が共通項。

③1番、9番の馬名のキング、ギングが共通項。

④3番、7番の騎手名のイチが共通項。


普通の草島式からの解読作業ですと選択は難しいところです。13番の唯一の馬場先入れのポイントが14番を明示する決め手になるのでしょう。


2着 16番 ロゴタイプ

①15番に仲間の馬で接触している。タイ

②17番の騎手名に唯一の正の漢字。

③18番の騎手名のイタ、自身の馬名のタイが共通項。仲間の変則形。

④13番の馬名の頭文字ロ、自身の馬名の頭文字ロが共通項。

⑤13番に仲間の騎手。ヒロ


3着 6番 レッドファルクス

①13番が唯一の馬場先入れでその逆馬番。

②7番の馬名のーロ、自身の騎手名のーロが共通項。仲間の変則形で接触している。

③5番の馬名の語尾ント、7番の馬名の語尾ドンが共通項で6番をガード。


6番も、13番の唯一の馬場先入れのポイントが無ければ、後押しのポイント不足で選択が難しい感じでした。


普通の草島式からの解読作業で選択できたのは、16番だけでした。14番、6番は、13番の唯一の馬場先入れのポイントに差配されていたと思われます。

余談ですが、安田記念の前に過去の安田記念を2回優勝しているヤマニンゼファーの死去のニュースがありました。ヤマニンゼファーは、8枠18番、7枠14番で優勝しています。先週は、フェイスブックにキングカメハメハが6枠12番で優勝した時の写真が掲載されていて、ズバリ、キングカメハメハ産駒の6枠12番のレイデオロが同じ枠、馬番で優勝しています。今回の写真は、7枠14番のヤマニンゼファーの優勝の写真が掲載されていました。JRAは2週連続でフェイスブックの写真のポイントを使用してきました。G1の場合は、フェイスブックのようなものからのポイントも、侮ってはいけないと思った次第です。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っています「出馬表解読研究会」の会員を募集しております。ご興味のある方、参加をご希望の方は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。

machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。