出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

日曜日 東京11レース NHKマイルカップ 検証

日曜日のNHKマイルカップの検証です。


1着 16番 アエロリット

①馬場後入れ。自身が馬券になりました。

②15番、パドックの歩く順番が最後尾。馬場先入れ。

③15番、16番、17番の馬名のッド、ットが仲間の馬で接触している。

④14番に仲間の馬。ロリ

⑤14番に吉田、横山のポイント。


①のポイントが決定的に思いました。あと、後押しのポイントが豊富でした。


2着 14番 リエノテソーロ

①15番、パドックの歩く順番が最後尾。馬場先入れ。

②13番の馬名が唯一の4文字。

③13番に唯一のマル地マーク。

④14番自身に唯一のマル外マーク。

⑤16番に仲間の馬。ロリ

⑥16番に吉田、横山のポイント。

⑦13番、15番の騎手名の語尾チが共通項で14番をガード。


①、⑤のポイントが有力に思いました。後押しのポイントも良いポイントでした。


3着 6番 ボンセルヴィーソ

①13番の馬名が唯一の4文字、13番に唯一のマル地マークのポイント。その逆馬番。

②5番の馬名の頭文字プが唯一の半濁音。

③5番の騎手名が唯一の5文字。

④7番の騎手名が唯一の2文字。

⑤7番、3番の馬名のース、ーズが共通項。5の法則。

⑥5番の馬名のヴ、自身の馬名のヴが共通項で同段接触している。


①のポイントが有力に思いました。②、③、④のポイントでのガードは強力な後押しになると思います。


以上になります。ちなみに16番、14番は仲間の馬どうしでの決着になりました。過去にも仲間の馬どうしでの馬券は多数見受けられます。

先週の開催は、馬場先入れ、後入れなどのポイントで自身が馬券になる事例が複数ありました。

ぜひ、お調べになってみて下さい。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っています「出馬表解読研究会」の会員を募集しております。ご興味のある方、参加をご希望の方は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。


machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。