出馬表解読理論の実践ブログ

競馬の出馬表の研究、予想を俗に言われている草島理論をベースに独自に発見した理論を加え、長年やってまいりました。
この理論を実践し、馬券により生活にうるおいを共に求めてまいりましょう。

第77回 桜花賞 前評 2

桜花賞の仮検討に入っています。


現時点では、3番の出走取消が発表されております。


気になりますので、とりあえず3番をポイントの中心にして出馬表の仮検討をしてみましょう。


もう一つの出馬表から見た見方から3番をポイントの中心にした場合の仮候補は


15番、4番、5番、2番、8番、11番、14番 、16番になりますが、どうでしょうか?

2番、15番、16番はもう一つの出馬表からの繋がりからダブりになります。


どうも、3番の取消で人気どころによく見えるポイントが浮上してくるようですが?

人気どころだけだと面白味は半減してしまいますね。人気薄もどうか?明日より検討に入ろうと思います。


出馬表解読のご参考にして下さい。


このブログは、ぞくに草島式と言われている方式を私独自の見方での出馬表解読研究の検証を中心に書いております。私が独自に発見致しました「もう一つの出馬表」に関しては出馬表解読研究会にてのみ発信、発表させていただいておりますのでよろしくお願い致します。


出馬表からのポイントやパターンの研究を主体にして馬券的中にトライしていく草島式をベースに、独自に発見した理論(もう一つの出馬表)を加えた研究を行っております「出馬表解読研究会」に参加をご希望の方は、下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。ご案内をメールにてお送り致します。


machizo11ten@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。